仕事をしながら、認知症の母と向き合う毎日を綴ります。


by sk-zutto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

大腸がん検査

15日、redの大腸がん検査に行きました。
  
検査のために前日から、腸の中を空っぽにするための、薬や1.8リッターもある下剤を飲まなきゃならないのです。
  
そこはグループホームのみなさんがしてくださるというので、お願しました。
  
1.8リットルも飲むかなぁ・・・・・?
  
そう思いつつ、朝迎えに行くと、さっきやっと飲んでくれました~とのこと。
  
じゃ、病院に行く準備を・・・・・と言ってる間に、redがトイレ。
  
えっと、すごいことになりました。そりゃそうです、くすりで大量に出そうとしてるんだもの。
  
車で連れて行く間に大丈夫なのか?と思いながらなんとか病院に到着。
  
一度トイレに行って便の検査をします。と言うので連れて行くと、
  
「話になりません。まだたくさん残ってますから、検査できません。」

  
ひぇ~~~~、そういうこと、そ、そうよね。
  
じゃ、便が水みたいになるまでここで待機???
  
まぁ、初めて受けるので全然知らなかったからいけないんだけど、そういうことよね。
  
2時間くらい待って、やっとこさ検査に。
  
ポリープがあれば、こちらの判断で切ってもいいですか?
  
え?なんの説明もなくその場で切るのですか?
  
はい、そうです。とても簡単なものですから。
  
はぁ、そんなものなのでしょうか? 
  
もし御嫌でしたらそのままにしておきます。
  
ち、ちょっと看護師さん、その言い方はないでしょ。しかもそれって先生じゃなくあなたから言うことですかね?
  
と思ったが、そのままほっとかれても嫌なので同意書にサイン。(どうも納得いかず)
  
不安なまま、redは検査室へ。
  
まもなく、先生から呼ばれ8ミリくらいのポリープがあったので、切除したとのこと。
  
悪性かどうかは1週間後くらいに判りますとのこと。見た感じは悪くはないようですとのことなので一安心。
  
しかし、今日は付き添っていてよかったなと思った。
  
グループホームの方が来てくれてたら、何か聞かれるたびに電話が入っていただろうな。
  
しかも、トイレ大変だったし。

終わったてから家に連れて帰ろうかと思ったのだけど、車移動中に出血する可能性も・・・などと言われたので、家よりはずっと近いグループホームへ戻ることにした。  

グループホームにもどり、安静にしてないといけない、入浴はできない、おかゆや消化の良いものにしてくださいとお願いして帰ってきた。
  
今日は、ほんとに付き添えてよかった。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]
by sk-zutto | 2012-11-16 23:25 | 介護認定・病院・ケアマネ