仕事をしながら、認知症の母と向き合う毎日を綴ります。


by sk-zutto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2009年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

偶然なのか

2ヶ月前くらいから、whiteの従兄のことを、redの従弟の名前で呼び出しました。
何度言っても治らないので、ああだいぶ認知が進んでるなと感じました。
  
今日、甥の運動会で偶然その親戚家族に会いました。
  
なんとredの従兄が癌で症状が重いとのこと。
redには言わないでくれといっているので黙っていたと・・・・・・・。

redはかなりショックを受けたようでした。

その方は、redが両親を亡くしてから、引き取ってくれた伯父の息子。
redにとっては従弟で、高校から結婚するまでその家で共に暮らしていたのです。

redが急にその方の名前を呼び出したのは、もしかしたら・・・・・・。
何か察知していたのかもしれません。
  
少しでも病状がよくなりますように、思ってやみません。
[PR]
by sk-zutto | 2009-05-31 21:57 | 日々の出来事

お願いします。

デイケアに行ってもらうために、どうしたらよいのか。
みなさんはどうされているのだろう・・・・・そう思いネットを検索していました。
そこでたどり着いた、かいごのみかたと言うサイトの介護の知恵袋


ここに、何でも嫌がるときは、『○○しようよ、とか○○しなきゃ』ではなく『では○○をお願いします。』というと聞いてくれると言う体験談。
なるほど、お願いしますと言うと、自分がしなきゃ、頼まれたから~ってやる気が出ますよね。
  
実は昨日従姉からメールがあり、土曜日にグループホームに入っている伯母を1ヶ月検診に連れて行くのを、redに手伝ってほしいから、行ってもらえるか聞いてみてね~とのこと。
最近、伯母はホームの人や従姉に、とても不機嫌な顔をみせたりするのですが、妹であるredが行くと笑顔になり、まだ帰らないで・・・・と涙が出るようなことを言い出します。
だから従姉はredが伯母のそばにいるだけでいいから~と誘ってくれます。
でも実は、redを誘い出す口実で、用が済むと食事をしたりしながら、redのつもり積もった話を聞いてくれるのです。
昔からwhiteにとってもおねえちゃんのような従姉にいつも感謝しています。
  
で、redに『おばちゃんの病院についてきて~って、助けてあげてね~。』と言うと、まぁ、すごいです。
急に顔がしゃきっとなり、8時にお迎えが来るから、6時には起きないと・・・・・などと計画しています。
  
すごい、やはり自分が頼られているってことが、一番のうれしいことなのでしょう。
  
頼りにしてるよred!
明日は伯母ちゃんの話をゆっくり聞いてあげてね。
[PR]
by sk-zutto | 2009-05-29 23:38 | 日々の出来事

登校拒否

white  中学入学 purple 小学校5年生になる春に、転居しました。
初めての土地、見知らぬ人々、不安一杯の毎日でした。
でもwhiteは周りの生徒さんも、同じ小学校出身の人以外は知らない人という状況だったので、なんとかその輪の中に入ることが出来た気がします。

ところが妹のpurpleの入った小学校は1~3年生、4~6年生でクラス替えのある学校でした。
ですから、1年間過ごし、仲良くなったクラスメートの中にぽつり一人転入したのです。

もともとwhiteは心臓に毛が生えてる?などと本人の気も知らず、言われることがあるくらいですが、purpleはとてもとても繊細な心の持ち主です。

まさかとは思いましたが、登校2日目から登校拒否がはじまったのです。

登校時間になると、激しい嘔吐。それはかわいそうな状況でした。
けれどwhiteは、中学に通うため、その一部始終を知ることはありませんでした。
  
  
毎日半年間も続いたpurpleの登校拒否。
本人も辛いけど、その周りの家族、先生、クラスメートもとても辛かったと思います。

この半年間、redが付き添ったり、担任の先生が迎えに来てくれたりして、なんとかpurpleは学校に行くことが出来ました。



ふとこのことを思い出し、たった1週間に1度のデイケア通いに、ぶつぶつ言ってる自分が情けなくて。

redはそのあと様々な病気に見舞われました。
検査のたびに言われます。『おおきな十二指腸の後がありますね』・・・・・と。
そう、きっとその半年間の痕跡だと思われますが、redは当時これぽっちも痛いとか辛いとか言わなかったことを覚えています。
[PR]
by sk-zutto | 2009-05-28 21:39 | 日々の出来事

はじめてのデイケア

いよいよ、今日はデイケア2回目のお迎えの日。
きのうの夜からredに話をしましたが、あまり行きたくない様子。
うーむ、1回目のようにまた着替えず、行かないなんてことないよなぁ。
考えるとおなかが痛くなってくるので、考えるのは止めました。
  
朝、先週行かないと言い張ったredのことを心配して、知り合いのケアマネージャーさんがお迎えに来てくれました。
この方は元職場の上司なので、redもそのかたには迷惑はかけられないという意識があります。
おかげで、無事その方につれられ、出かけていきました。
  
行ってくれたうれしさと、嫌がるのに行かせねばならない辛さの両方がこみ上げ、泣けてきました。
けれど、これはredのためなのです。
もう泣くのはよそうと思います。

デイケアは9:30~15:30
行く前に途中で帰ってくるからと何度もredが言ってたので、いつデイケアさんから連絡があるか、はらはらしていました。
でもお迎えの約束の15:30まで、しっかりいてくれました。
  
デイケアの方によると、何度か外に出ようとしたけれど、慣れてくると楽しそうにされてましたよ。とのことでした。
良かった。
  
お迎えの後、約束のコーヒーをいただきに外出。
 
  
今日はどうだった?

楽しかった。あのね○○さんて人がね・・・・・・と楽しそうに話します。
  
そう、じゃ来週も行ったら楽しいよね!!
 
  
いいや、来週は行かない。
  
  
(~□~;)!!がーん そ、そんな。
  
  
まだまだ前途多難ですが、何はともあれ1日頑張った、redえらい!!
  
今日は疲れたようで、ぐっすりお休みしています。
[PR]
by sk-zutto | 2009-05-27 22:39 | デイサービス

ごめんねred

今日は早く帰る予定だったのですが、仕事が押して就業21時。
その後昨夜2時までかかって書いた、書道の清書を先生に預けに行きました。
  
帰宅時間22時

ごめんねred、何かちゃんとたべてくれた?

(redは炊飯ジャーでご飯を炊くことはできます)
 
ううん、ご飯待ってたよ。
  
見ると、ご飯は炊けているけれど、食べた形跡はありません。
  
おかず、なーんにもなかったんです。

慌てて作って食べましたが、かわいそうなことをしました。
 
今度から、急な残業でも、いつでも食べれるおかずを常備しておかなければ。
[PR]
by sk-zutto | 2009-05-25 23:18 | 日々の出来事

初期No.7 韓流ドラマ

先日友達がredが韓流ドラマが好きだからと、DVDをたくさん貸してくれました。
  
Tさんは、whiteはいなくてもredと電話してくれるほど、redのことを思ってくれる友人です。

とってもありがたいです。

  
redは冬ソナ以来、韓流ドラマが大好きです。
今思えば、いつの日からか昼のドラマの一部始終を何度も何度も繰り返し話すようになりました。
おかげで、見てないwhiteもそのドラマを見たかのような、詳しい内容です。
  
でもあの頃は、ドラマの内容をしっかり覚えていました。
  
なのにいつ頃からだったか、その登場人物の名前をwhiteに聞くようになりました。

『昼、テレビ見てないからわからないよー。』と笑い飛ばしていましたが、あの頃少しおかしいなとは思いましたが、これも初期症状だったのでしょうね。

今では、借りたDVDを1時間見る集中力はありません。
字幕だともっと無理です。
  
あんなに好きだった韓流ドラマ・・・・・うるさいくらい語っていたあの頃に戻れたら・・・・・・。
虫のいい話ですね。その当時はうるさいなぁって思ってたのに。

あの頃を少しづつでも思い出してくれたらなと、毎日DVDtimeをしています。
[PR]
by sk-zutto | 2009-05-24 23:59 | 発症初期

妹も同じ

昨日のある方のメッセージを妹のpurpleにも読んでねとメールしておきました。
  
今日、purpleからのメール。
  
『私もずっと考えてた…私達は、いつお母さんに優しくしてあげる日が来るんだろう…って。
いつも、面倒くさがったり、喧嘩越しだったり、お母さんが何もわからなくなってから優しくしてあげたって、恩返しにはならんのよね…・

この方のメッセージは、子供を育ててきた私には、思いっきり伝わってきました!
本当にそうだよね~!私達もそうしてもらったし、いつかは、みんなそうなっていく。


ワタシタチ、オンガエシデキルカナ』

  
そしてwhiteの返信。

『恩返しできる、いやしなきゃいけない。
だって私たちお母さんの娘だもの。こんなに楽しい人生の基礎をつくってもらったもの。』

  
妹も同じ気持ち。離れてたって同じ。
ひとりじゃない。それってほんとにありがたい。

今日は父の命日。
ずっと行かなかった母も今日はうれしそうにお墓参り。
 
お父さん、お母さんのこと見守ってね。

久しぶりの心穏やかな日。
[PR]
by sk-zutto | 2009-05-23 23:22 | 日々の出来事

涙・・・・そして決意

ある方のブログを読んでいて、久しぶりに思いっきり泣きました。
それは、whiteへの応援メッセージなの?と勘違いするほど、今のwhiteの心に染み入る内容でした。

手紙~親愛なる子どもたちへ  日本語詞:角智織  補作詞、曲:樋口了一

この曲の歌詞と共に書かれたその方のメッセージに、泣きました。
はじめは、職場の昼休みに途中まで読んで、我慢しきれず泣きました。
けれど、職場ですからそれ以上は読み進めず、家に帰って全文を何度も読み、涙がかれるかと思うほど泣きました。
  
そしてこのメッセージを読んで、決めました。

今まで受けた愛情の全てを、いやそれ以上をredに恩返ししよう。
きっとこの先、迷ったり悩んだり、悲しむことは一杯あると思うけど、自分の出来る限りのことを必死でやってみようと。
  
応援メッセージ、心より感謝します。
[PR]
by sk-zutto | 2009-05-22 23:59 | 日々の出来事
2009年1月
町内の当番年なので、町内費の集金や市政たより配るなどをしなければならない。
町内の掃除はwhiteが行くのだが、その他のことはredがしていた。

それが、この1月から急に町内費を集めに行かなくなった。

明日行こう、明日行こう・・・・と言ってる間に、月初めがやってくる。

2月も3月も・・・・・・結局町内の当番も1年たったので引き継ぐことに。
 
  
市政たよりを配りに行っても、なぜか枚数が余っている。
どこかに入れ忘れたようなのだが、指摘すると絶対に間違ってないと言う。

やっぱりおかしい。
そろそろ、何か考えないと、手遅れになる前に。
[PR]
by sk-zutto | 2009-05-21 23:59 | 発症初期
昨日は帰宅が22:30くらいだったが、母はまだ起きていた。

『明日、おかあさん風邪ひいたから行かないから』

  
で、でた。やっぱり。
明日は初めてひとりでデイケアに行く予定でした。
  
redは昔からそうなんです。はじめは調子よくどこでも行くというのですが、ぎりぎりになっていつもキャンセルです。

  
  
今回も少しは覚悟していましたが・・・・・・・・・・・・。 _| ̄|○
  
でも、まぁ明日になればどうにか行くだろう・・・と思っていたのですが。
  
お迎えが来る時間になっても、全く着替えもしません。
  
はぁぁぁぁぁ・・・・・・・。(-ロー)
  
熱を測っていました。37.6度か・・・・と言うのでちょっと見せてというと、さっとケースに入れてしまいました。
  
あきれた知能犯です。
たぶん熱などなかったと思われますが、とにかく全く行く気がないので、ケアマネさんとデイケアに連絡し、謝っておきました。
  
今日もその件について、ゆっくり話したのですが、『行くよ、でもその時になってみらんとわからん。』
とか『さいごまで居らんで帰る』とか言います。
  
どうにかして何度か行かせると、きっと楽しくなるんでしょうが、その1回2回が連れ出すのが大変なのです。
こんな時みなさんはどうされているのでしょうね。

ケアマネさんは、どうにかして、お母さんをデイケアに連れて行ってくださいと言われますが。
whiteはどうやったら、連れて行くことができるのか知りたいんです。

  
[PR]
by sk-zutto | 2009-05-20 23:22 | 日々の出来事