人気ブログランキング |

仕事をしながら、認知症の母と向き合う毎日を綴ります。


by sk-zutto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0176671_23392423.jpg

  
昨日母を迎えに行き、今日はおせちを作りつつ母と会話しておりました
  
連れて帰ると、はっきり返事をしたり受け答えをしてくれるようになります
  
今はそれがなによりうれしいです
  
我が家は贅沢なことはめったにしませんが昔からredが年の晩に
ひれステーキを焼いてくれていました
  
肉の脂身のきらいなwhiteにはなによりのごちそうでした

で、今でも奮発しています
  
しかし~、今年は半端なくお高くて、いつも買うお肉屋さんが何度も
ごめんねって言ってました
  
お肉屋さんのせいじゃないけど、これ以上高騰するときついなぁ・・・・。
  
  
redもしっかり食べて、今夜もすやすやと眠りにつきました
  
ああ、また楽しい年越しができてよかった
  
redが元気でよかった
  
来年もそうでありますように
  
今日も最後までお読みいただきありがとうございました
参考になったよ、応援してるよって思ったら
ポチッと押していただけるとうれしいです
 
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
by sk-zutto | 2015-12-31 23:44 | 日々の出来事
b0176671_101257.jpg

  
2年に1回介護度の見直しがあります

redは一番初めは要介護2からでした
  
次の見直しでは要介護3 オムツ代などの補助が受けられるようになりました
(ただし同居家族がいると受けられなかったりします)
要するに用を足すことに支障が出ているということです
  
そして今回 要介護4 少々ショックでした
そんなに進んでいるのか・・・と
  

身体的衰えよりも、会話が成り立たないというのが介護度が上がった理由だそうです
  
そう、確かにredはこの1年半くらい、人の問いかけに受け答えができません 
ですが、会話の機能が全くなくなったのかというとそうではないのです
    
やはり環境です
  
whiteが家に連れて帰って1週間くらい一緒にいると、会話ができるように
なるんです  
そのことをグループホームの方には何度も言って、個人的に話していただく時間を
少しも受けていただけないか要望はしていますが、まったく対応の気配はありません
  
遠くから大声で話しかけられても、redは自分に話しているとは思えないのです
  
目を見てゆっくり座って話してもらえれば違うんですけどね 
8名を見るスタッフさんにとってはそんな時間はない......てことでしょうかね
  
  
今日も最後までお読みいただきありがとうございました
参考になったよ、応援してるよって思ったら
ポチッと押していただけるとうれしいです
 
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
by sk-zutto | 2015-12-28 10:21 | 介護認定・病院・ケアマネ

2015年8月 父の50回忌

2015年8月23日は父の50回忌です
  
33回忌が終わった瞬間から50回忌のことを気にしていたred

『50回忌はだぶんお母さんはもういないから、さつきがしっかりやらなきゃ』
  
そう言ってノートにいろいろなことを書き留めさせられた
  
あれから17年
  
redは元気だが、50回忌を取り仕切ることはできなくなっていた
  
あのとき書き留めたノートがほんとうに役に立ったよ
おかげでちゃんと準備ができた
  
そして、親戚みんな来てくださって、いい法事になったね
  
お父さんのこと、たくさんたくさん聞けて涙が出たよ
  
  
redはただ笑ってるだけだったけど、みんなredが元気そうでよかったって
言ってくれてたよ
  
この日を境に、父は先祖となりました
  
もう少しredはこちらにいさせてね
  
天国から見守っててね
  


今日も最後までお読みいただきありがとうございました
参考になったよ、応援してるよって思ったら
ポチッと押していただけるとうれしいです
 
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
  
by sk-zutto | 2015-12-25 23:29 | 日々の出来事

2015年クリスマス会

今日はグループホームでのクリスマス会
  
仕事終わってダッシュで参加
  
行ったらredがこんな感じでした
  
b0176671_23224165.jpg

  
あらっ、red似合ってるよ💛 
  
本日は少々眠たかったようで、なかなか笑ってくれなかったけど
  
スタッフさんと協力しながらやっと笑顔の撮影できました
  
今年も健康でクリスマス迎えられてよかったね
  
グループホームのみなさん、いつもたくさんのお料理、プレゼントまで
  
ありがとうございます
 
今年はレッグウォーマーをいただきました

 
今日も最後までお読みいただきありがとうございました
参考になったよ、応援してるよって思ったら
ポチッと押していただけるとうれしいです
 
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
  
by sk-zutto | 2015-12-23 23:25 | グループホーム
ずっと書いてなかったので今年を振り返る日記を・・・・。
  
4月30日に目におそろしい青あざができていて驚いたけど、
それは数日前に打ったと思われる頭のたんこぶの青あざが下りてきたことが判明
目でなかったからよかったけど、頭だってそんなに強く打ってるのに
施設の方は誰も気づかなかった。
  
自分で訴えられない状況のredにとってこのようなことが一番怖い
  
さて、それはさておき、1月くらいからずっと目がはれたり顔がはれたりしていたので
心療内科や訪問の内科ではだちがあかないので、かかりつけの内科に受診
  
いろいろな検査をしたのだが、内臓に異常はなくいたって健康
  
しいていえば、たんぱく質不足
  
たんぱく質の数値だけが低いらしく、それによって腫れが生じることがあるそうだ
  
あっ、もう一つ重大な症状があった
  
動脈硬化だ
心臓の周りなどひどいそうで、だけど薬は処方されなかった
もう、治る見込みはないんだそうだ
  
えっ???と思ったけれど、これ以上母に薬を飲ませたくない
手術もさせたくない
  
ここまできたら、何かあってもそれが寿命だ・・・・と思うことにすると
決めた
  
だから1日1日を大切にしてあげようと決めた
  
たんぱく質不足は施設には伝えたが、栄養士さんはいないから
気を付けますといわれたが、改善されているかはわからない
  

12月の今も、どちらかの目がはれていることが多い・・・。
  


  
  
by sk-zutto | 2015-12-22 15:58 | 日々の出来事
昨日は中学1年になる甥の誕生日会をしました
ひさしぶりにredを連れて妹宅で恒例のカニ鍋パーティー
  
redが昔のままだったら、さぞかし甥のためにプレゼントを
たくさん用意してたでしょうね
  
でも今はそれは難しいから、whiteが代わりに用意します
  
redは、甥をわかってはいるけれど、話しかけたりはできません
けれど、安心したような穏やかな顔でソファーに座っています

甥はそんなredにとっても優しく接してくれます
難しい年頃だけど、素直で優しい子に育っています
きっとredもそれをわかっていることでしょう
  
甥が生まれたころは毎日のように料理を作り、バスで片道1時間かけて
通っていた。
それから数年して、甥が会話ができるようになったころ
redが会話が難しくなった
  
もう少し祖母と孫の会話をさせてあげたかったな・・・・
そう思うと少し寂しいです


今日も最後までお読みいただきありがとうございました
参考になったよ、応援してるよって思ったら
ポチッと押していただけるとうれしいです
 
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村  
by sk-zutto | 2015-12-21 15:02 | 日々の出来事
高齢者の貧困の話題がTVなどでも特集されています
  
ホームレスになった方の理由に
親の介護で早期退職し、蓄えがつきた・・・・・。
  
そう、思えば3年前whiteも悩んだ時期がありました
仕事をしつつ、redを家で介護していたけど、外にでていなくなったり
目を離せなくなったので、仕事を辞めて介護をするか
それとも施設に預けて仕事を続けるか・・・・
  
仕事を辞めたら収入はゼロ
redの年金で二人の生活は何とかなるだろう
けれどもしredがいなくなったら年金は打ち切り
そのときwhiteはどうなる?????
  
whiteだってその時はもう高齢者
仕事なんて探せるのか?
蓄えなんてすぐに尽きる
  
途方もない不安が襲う
  
出した答えは  施設に預けること
  
迷った、悲しかった、とても寂しかった
  
でも生きるため
  
お金があればredが病気になってもこの先動けなくなっても
十分な対策が考えられる
 
一緒に過ごす時間は、自分が何とかやりくりすれば
作ることができる
  
  
頭ではわかるけど、悲しかった
  
でも3年たった今だから言える
  
その答えは正解だった
  
今、悩んでいらっしゃる方 自分も生きねばならないってこと
考えましょう
自分がいなければ親を見る人はいないってこと忘れないで

  
今日も最後までお読みいただきありがとうございました
参考になったよ、応援してるよって思ったら
ポチッと押していただけるとうれしいです
 
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村  




  
by sk-zutto | 2015-12-19 18:10 | 介護の費用
少し前、お父さんお母さんを連れて車で海に入った娘さんのニュース
  
誰もがその方を悪く言う人はなく
『あんなに(親の介護を)できない』
『よくされてるなって思っていた』
そんなご近所さんの言葉・・・・・。
  
きっと親を見捨てられない大きな負担
のしかかる金銭的負担
  
どんな思いで、その決意をしたのだろう

高齢者は優遇されている
  
そんな言葉をよく聞くけれど
私は疑問に思うことが多い
  
実際に介護しているものにしかわからない、感じない
そんな出来事は多いと思う
  
だから、いつか皆さんがそんな状況に置かれたときに
少しでも参考にしてもらえればと思って、放置していたこのブログを
再開しました
  
みんな同じ

きっと思うことは同じなんだ
 
でも相談する人がいない人も多いはず
そんな時は、コメントください
  
一緒に考えれば何かいい案が浮かぶかも
  
お父さん、お母さんを最期まで大切にしましょう
  
  

いいね思ったらポチッ押していただけるとうれしいです
 
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
by sk-zutto | 2015-12-18 23:42 | 日々の出来事